写真a

甘糟 和男 (アマカス カズオ)

AMAKASU Kazuo

職名: 准教授
所属: 海洋資源エネルギー学部門
学位: 博士
学位の分野名: 水産学

教育研究活動紹介

PDF
※教育研究活動をまとめたPDFです。主に受験希望の中学生、高校生、その保護者の方、一般の方向けの情報です。

関連リンク

Researcher ID 産学・地域連携推進機構 研究者総覧データベース Researchmap

研究分野 【 表示 / 非表示

  • フロンティア(航空・船舶) / 船舶海洋工学

  • ライフサイエンス / 水圏生産科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Possible fluid discharge associated with faults observed by a high-resolution dense-2D seismic reflection survey in Uchiura Bay off Numazu, Japan.

    T. Tsuru, J-O. Park, K. Amakasu, T. No, K. Arai, T. Inoue, S. Furuyama, K. Uchida, and Y. Nakamura , 2020年08月

    Earth, Planets and Space

  • Verification of broadband target strength measurement system

    B. Saygili, S. Tsuyuki, J. Liu, N. Yamamoto, and K. Amakasu , 2020年05月

    海洋音響学会2020年度研究発表会講演論文集 , 43 - 44

  • 開洋丸第10次南極航海ナンキョクオキアミ音響調査における背景雑音環境について

    安部幸樹、松裏知彦、今泉智人、山本那津生、甘糟和男、村瀬弘人 , 2020年05月

    海洋音響学会2020年度研究発表会講演論文集 , 11 - 14

  • 広帯域音波によって測定した南極海東インド洋区における体積後方散乱強度の周波数特性

    山本那津生、甘糟和男、安部幸樹、松倉隆一、佐々木裕子、松裏知彦、今泉智人、村瀬弘人 , 2019年05月

    海洋音響学会2019年度研究発表会講演論文集 , 67 - 68

  • A new seismic survey technology using underwater speaker detected a low‑velocity zone near the seafloor: an implication of methane gas accumulation in Tokyo Bay

    T. Tsuru, K. Amakasu, J. Park, J. Sakakibara, and M. Takanashi , 2019年03月

    Earth, Planets and Space

全件表示 >>

 

授業科目 【 表示 / 非表示

  • 担当授業(学部)

    応用海洋工学実験

  • 応用海洋工学研究の最前線

  • 海洋資源エネルギー学実習Ⅰ

  • 海洋音響学

  • 担当授業(大学院)

    海洋計測工学特論

  • 海洋音響計測学

  • 環境テクノロジー学特別演習

  • 環境テクノロジー学特別研究

  • 担当授業(専攻科)

    航海学演習