写真a

田中 祐志 (タナカ ユウジ)

TANAKA Yuji

職名: 教授
所属: 海洋環境科学部門
学位: 博士
学位の分野名: 農学

研究分野・キーワード

海洋学、浮遊生物学

ホームページ

http://www2.kaiyodai.ac.jp/~tkatan0/

教育研究活動紹介

PDF
※教育研究活動をまとめたPDFです。主に受験希望の中学生、高校生、その保護者の方、一般の方向けの情報です。

関連リンク

Researcher ID 産学・地域連携推進機構 研究者総覧データベース Researchmap

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Salinity effects on the first larval stage of the invasive crab Hemigrapsus takanoi: Survival and swimming patterns

    Jose M. Landeira, Baobo Liu, Takuo Omura, Tatsuro Akiba, Yuji Tanaka , 2020年10月

    Estuarine, Coastal and Shelf Science , 245 , 106976 - 106976

  • Small-scale biophysical couplings in Lake Baikal: new insights from the fractal properties of temperature and phytoplankton distributions

    L. Seuront, Y. Tanaka, T. Katano, M. Sugiyama, Y. Watanabe, M. Shimaraev, V. Drucker , 2020年09月

    Limnology and Freshwater Biology , 3 (4) , 691 - 692

  • Phenomena of sudden changes of water temperature in the coastal waters: comparison of upwelling events of Lake Baikal and Japanese lakes and coastal oceans

    Y. Tanaka, T. Katano, M. Sugiyama, Y. Watanabe, O. Timoshkin, E. Troitskaya, M. Shimaraev, V. Drucker , 2020年09月

    Limnology and Freshwater Biology , 3 (4) , 632 - 633

  • Intermittency in wind-generated turbulence in Lake Baikal: implications for biophysical couplings in the plankton

    L. Seuront, Y. Tanaka, T. Katano, M. Sugiyama, Y. Watanabe, M. Shimaraev, V. Drucker , 2020年09月

    Limnology and Freshwater Biology , 3 (4) , 693 - 694

  • High-resolution observations on fine-scale spatial and temporal heterogeneity of phytoplankton communities using FlowCAM

    Khin Khin Gyi, Takuo Omura, Rie Nakamura, Yuji Tanaka , 2019年12月

    La mer , 58 (3-4) , 73 - 87

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • うみ

    田中 祐志, 海洋研究開発機構 , 2020年

    フレーベル館 , 0-0

  • 美しい海の浮遊生物図鑑

    若林香織、田中祐志、阿部秀樹 , 2017年10月

    文一総合出版 , 1-180

  • ウチワエビ類. 水産海洋ハンドブック 第5章 生物生産. 竹内俊郎ほか編集., 東京, pp. 256-257.

    田中祐志, 若林香織 , 2016年09月

    生物研究社 , 第5章 生物生産「ウチワエビ類」 , 256-257

  • Marine Productivity: Perturbations and Resilience of Socio-ecosystems

    Yuji Tanaka and Tatsuro Akiba , 2015年09月

    Springer International Publishing , Oithona davisae, the most predominant copepod in Tokyo Bay, a highly eutrophic embayment: Why are they so predominant? , 111-116

  • 水産海洋学入門 海洋生物資源の持続的利用

    田中祐志 , 2014年09月

    講談社サイエンティフィク , 「第2章 海洋と海洋生物資源のモニタリング 」 2.1 水産海洋研究におけるモニタリングの役割 , 0-0

全件表示 >>

 

授業科目 【 表示 / 非表示

  • 担当授業(学部)

    浮遊生物学

  • 海洋生物学実験Ⅳ

  • 生物海洋学

  • 担当授業(大学院)

    浮遊生物学特論

  • 浮遊生物機能論

  • 海洋環境学特別研究