写真a

田中 祐志 (タナカ ユウジ)

TANAKA Yuji

職名: 教授
所属: 海洋環境科学部門
学位: 博士
学位の分野名: 農学

研究分野・キーワード

海洋学、浮遊生物学

ホームページ

http://www2.kaiyodai.ac.jp/~tkatan0/

教育研究活動紹介

PDF
※教育研究活動をまとめたPDFです。主に受験希望の中学生、高校生、その保護者の方、一般の方向けの情報です。

関連リンク

Researcher ID 産学・地域連携推進機構 研究者総覧データベース Researchmap

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Larval development of the brush-clawed shore crab Hemigrapsus takanoi Asakura & Watanabe, 2005 (Decapoda, Brachyura, Varunidae)

    ホセマリア ランデイラ、ホセ クエスタ、田中 祐志 , 2019年02月

    Journal of the Marine Biological Association of the United Kingdom , 1 - 12

  • Distributions and geochemical behaviors of oxyanion-forming trace elements and uranium in the Hövsgöl–Baikal–Yenisei water system of Mongolia and Russia

    Mochizuki, A., T. Murata, K. Hosoda, T. Katano, Y. Tanaka, T. Mimura, O. Mitamura, S. Nakano, Y. Okazaki, Y. Sugiyama, Y. Satoh, Y. Watanabe, A. Dulmaa, C. Ayushsuren, D. Ganchimeg, V. V. Drucker, V. A. Fialkov, M. Sugiyama , 2018年10月

    Journal of Geochemical Exploration , 188 , 123 - 136

  • Individual-level variability in the behavioral responses of female Oithona davisae (Copepoda: Cyclopoida) to hydromechanical stimuli

    Liu, B., T. Akiba, J. M. Landeira and Y. Tanaka , 2018年10月

    La mer , 56(1+2) , 21 - 35

  • First record of the larvae of tanner crab Chionoecetes bairdi in the Chukchi Sea: A future northward expansion in the Arctic?

    Landeira, J. M., K. Matsuno, Y. Tanaka and A. Yamaguchi , 2018年10月

    Polar Science , 16 , 86 - 89

  • Deleterious effects of harmful dinoflagellates and raphidophytes on egg viability and spermatozoa swimming velocity in the Japanese pearl oyster Pinctada fucata martensii

    Banno, K., T. Oda, K. Nagai, S. Nagai, Y. Tanaka and L. Basti , 2018年10月

    Journal of Shellfish Research , 37(1) , 41 - 48

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 美しい海の浮遊生物図鑑

    若林香織、田中祐志、阿部秀樹 , 2017年10月

    文一総合出版 , 1-180

  • ウチワエビ類. 水産海洋ハンドブック 第5章 生物生産. 竹内俊郎ほか編集., 東京, pp. 256-257.

    田中祐志, 若林香織 , 2016年09月

    生物研究社 , 第5章 生物生産「ウチワエビ類」 , 256-257

  • Marine Productivity: Perturbations and Resilience of Socio-ecosystems

    Yuji Tanaka and Tatsuro Akiba , 2015年09月

    Springer International Publishing , Oithona davisae, the most predominant copepod in Tokyo Bay, a highly eutrophic embayment: Why are they so predominant? , 111-116

  • 水産海洋学入門 海洋生物資源の持続的利用

    田中祐志 , 2014年09月

    講談社サイエンティフィク , 水産海洋研究におけるモニタリングの役割 , 32-37

  • 水産海洋学入門 海洋生物資源の持続的利用

    田中祐志 , 2014年09月

    講談社サイエンティフィク , 「第2章 海洋と海洋生物資源のモニタリング 」 2.1 水産海洋研究におけるモニタリングの役割 , 0-0

全件表示 >>

 

授業科目 【 表示 / 非表示

  • 担当授業(学部)

    セミナー

  • 卒業論文

  • 基礎海洋学

  • 浮遊生物学

  • 海洋学実習Ⅰ

  • 海洋学実習Ⅱ

  • 海洋学実習Ⅲ

  • 海洋生物学実験Ⅰ

  • 担当授業(大学院)

    浮遊生物学特論

  • 浮遊生物機能論

  • 浮遊生物生態学

  • 海洋環境学特別研究

  • 海洋生物学特別演習

  • 海洋生物学特別研究