写真a

田中 健太郎 (タナカ ケンタロウ)

TANAKA Kentaro

職名: 准教授
所属: 海洋電子機械工学部門
学位: 博士
学位の分野名: 工学

教育研究活動紹介

PDF
※教育研究活動をまとめたPDFです。主に受験希望の中学生、高校生、その保護者の方、一般の方向けの情報です。

関連リンク

Researcher ID 産学・地域連携推進機構 研究者総覧データベース Researchmap

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 窪みおよび溝形状のテクスチャリングを有する平面しゅう動部の潤滑特性 -平行平面間に表面テクスチャリングを施した場合

    小田真輝,岩本勝美,田中 健太郎,藤野俊和 , 2018年10月

    日本マリンエンジニアリング学会誌 , 53巻5号 , 727 - 736

  • 液体架橋破断を利用した微小液滴生成:-生成位置の制御-

    上林 達矢, 田中 健太郎, 岩本 勝美 , 2018年

    マイクロ・ナノ工学シンポジウム , 2018 (0)

  • 窪みおよび溝形状のテクスチャリングを有する平面しゅう動部の潤滑特性 - 平行平面間に表面テクスチャリングを施した場合

    小田 真輝, 岩本 勝美, 田中 健太郎, 藤野 俊和 , 2018年

    マリンエンジニアリング , 53 (5) , 727 - 736

  • 窪みおよび溝形状のテクスチャを有する平面しゅう動部の潤滑特性- サーフェステクスチャを施した平面上を円筒がしゅう動する場合

    小田真輝,岩本勝美,田中健太郎,藤野俊和 , 2017年10月

    日本マリンエンジニアリング学会誌 , 52巻6号 , 795 - 802

  • 製作誤差が四円弧軸受で支持された回転軸の安定性に及ぼす影響 -製作誤差により軸受下部にあるすべり面の位置が変化した場合-

    藤野俊和,岩本勝美,阿部雅二朗,田中健太郎 , 2017年09月

    日本マリンエンジニアリング学会誌 , 52巻3号 , 93 - 101

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 数値解析と表面分析によるトライボロジーの解明と制御

    田中 健太郎 , 2018年03月

    テクノシステム , 第6章第2節 流体潤滑における数値解析研究の動向 , 0-0

 

授業科目 【 表示 / 非表示

  • 担当授業(学部)

    制御システム工学演習

  • 卒業研究(流通)

  • 卒業研究(海洋)

  • 機械設計製図(制御)

  • 精密加工学

  • 電子機械工学ゼミナール

  • 電子機械工学入門

  • 担当授業(大学院)

    機械システム設計学

  • 海洋機械工学特別演習

  • 海洋機械工学特別研究